麻布大学附属高等学校
HOME > 学校案内 > 校長挨拶
校長挨拶
 本校は、麻布大学70周年事業の一環として創立され、今年で57年目を迎え、在校生数は1,300人を超えるまでになりました。
 そして、本校の経営母体である麻布獣医学園は、人と地球環境との共生を目指して127年の歴史を刻んでおり、その理念は附属高等学校である本校にも受け継がれ、生徒たちは生命の尊さを学び、誠実で協調と博愛と奉仕の心を培います。
 本校では、新しい時代に適応した教育環境を整えるために教育改革を始めて5年目となりますが、この間、7限セミナーや習熟度別教育に土曜講座などの教育プログラムの充実に加えて、先生方も授業参観型教育研修や初任者研究授業研修など自らを研鑽する様々な取り組みに積極的に参加し、教育力の向上に努めています。まさに、生徒のためになることならば躊躇なく踏み出す勇気と使命感を持っている先生方ばかりです。
 また、学校生活においては麻布大学と言う高等教育機関のレベルで生徒の安全と安心に取り組んでおります。
 このような本校ならではの環境のなかで生徒の皆さんには、未来につながるこの大切な高校生活において、その時、その時期でなければできないことを自身の能力の限界を決めつけずに精いっぱい臨み続けて行けるよう、全ての教職員が導いていきます。
校長 中山浩一