麻布大学附属高等学校
HOME > 学校案内 > 沿革・麻布大学について
沿革・麻布大学について
沿革
1890(明治23年) 東京市麻布区(現・港区南麻布)に東京獣医講習所を開設
1961(昭和36年) 麻布獣医学園創立70周年を記念して「渕野辺高等学校」を創立
学園内に残っていた旧陸軍兵器学校の2階建校舎一棟を改修し開校
初代校長は麻布獣医科大学教授、松野義重先生
1967(昭和42年) 鉄筋4階建の新校舎竣工
高校正門が完成
1977(昭和52年) 新校舎を増築
1985(昭和60年) 校名を「麻布大学附属渕野辺高等学校」に変更
1989(平成元年) 校内に食堂が完成
1990(平成2年) 麻布獣医学園100周年を迎える
2003(平成15年) 第1号棟竣工
2011(平成23年) 創立50周年を迎える
アリーナ竣工
2014(平成26年) 校名を「麻布大学附属高等学校」に変更
初代校長 松野義重
校章の由来
本校の校章は当時の麻布獣医科大学教授で、著名なシュバイツアー博士の崇敬者だった初代校長・松野義重の発案によって図案化された。昭和26年に神奈川県花として制定されたヤマユリは6枚の花弁を持つが、これを3枚に変えて「安定した人間像」を託したものです。それぞれの花弁には、松野校長の以下のような思いが込められています。

  1. 一、真理探求の徒たれ
  2. 二、自他共に偽りなき誠実の徒たれ
  3. 三、自らを愛するがごとく他を愛し、奉仕し得る徒たれ
  4. また、花弁の先端を丸めているのは全人的な個性の伸長と共に、円満な人格形成に対する願いを形象化したものです。
麻布大学について
獣医学と生命・環境科学の先端を担う 麻布大学
獣医学部 生命環境科学部
相模原市にある麻布大学は明治23年(1890年)9月、輿倉東隆が、東京市麻布区本村町(現、港区南麻布)に開設した「東京獣医講習所」を前身とします。獣医学専科として長い歴史を歩んできた麻布大学に、環境保健学部が開設され研究エリアが大きく広がりました。

現在、獣医学部に獣医学科・動物応用科学科、生命・環境科学部に臨床検査技術学科・食品生命科学科・環境科学科の2学部5学科を擁する麻布大学は、獣医臨床センターをはじめ、各種の恵まれた研究施設を完備しています。その中で、人と動物、環境の新しい融和をめざし、獣医学と生命科学それぞれの視点から、「いのち」を取り巻く今日的課題に挑戦しています。
麻布大学学校法人 麻布獣医学園