麻布大学附属高等学校
HOME > 教育内容 > 充実の教育サービス
充実の教育サービス
学力に合わせた習熟度別教育
本校では、「特進クラス」と「進学クラス」の2種類のクラスをおき、生徒の学力レベルに合わせた教育を実施しています。特進・進学クラスに加え、2年次からは理系と文系に分かれて、志望校への合格を目指します。
「特進クラス」では、ハイレベルな授業を展開し、国公立大学や難関私立大学・麻布大学受験に対応できる実践的な学力を身につけることを目標とします。
「進学クラス」では、丁寧な授業展開によって基礎学力の定着を図り、着実に学力を向上させ、難易度の高い学習内容へと結び付けていき、難関私立大学や麻布大学への進学を目指していきます。
進級時には実力テストの成績によってクラスの入れかえを行うため、常に緊張感を持って学業に向かうことができます。
特進クラス 進学クラス
1年次
基礎学力の定着
各教科の基礎を確実に身につけ、学んだ知識を自分の力で応用する力にまで高めます。1年次より将来の進路について考える機会を設け、目的意識を早い段階から持つことのできる指導をします。また、年3回実力テスト(全国模試)を実施し自分の実力を試します。
2年次
個性の充実・将来への目覚め
理系と文系に分かれます。選択授業も格段に増加し、より高度な分野を学びます。また、個々の目標を定め個性の充実を図ることによって、将来への展望が開けるような指導を実践します。大学入試を念頭におき、主要教科に重点をおいた大胆なカリキュラムで履修します。2年次でも年3回実力テスト(全国模試)を実施しますので、1年次からの学力の伸びを確認できます。
3年次
進路へ邁進
3年次は個々の進路に向けて邁進できるようなカリキュラムで履修します。入試対応の演習授業を多く取り入れ、より一層の学力向上で受験に備えます。また推薦入試やAO入試受験者のために面接練習等を繰り返し実施するなど、多様化する大学入試にも万全のサポート体制で臨みます。
充実した学習サポート
本校では、通常授業のほかに学力向上のための様々なセミナー・講座を用意し、学習をサポートしています。
また、高校2年生と3年生は麻布大学の授業を選択で受講することができます。高校時代から「大学の授業」を受講することで「大学で学ぶこと」の意識が明確になり、進学後に授業を受けやすくなります。
「7限セミナー」で+αの実力
通常授業が6校時で終わる曜日を利用して「7限セミナー」を開講しています。部活動とは時間が被らないので、この時間は自分に必要な講座を思いっきり受講することができます。
開講講座
毎週、多様なセミナーが開講されますので、生徒は自分の学力や目標にあったセミナーを受講することが可能です。
一般入試で大学を目指す生徒は、より難易度の高い受験指導型セミナーを受講することで、現役合格に大きく近づきます。逆に中学校で習ってきた英語・数学に不安を感じる生徒は、復習型セミナーを受講できます(進学クラス)。勉強が得意な生徒も不安な生徒も、自分のレベルに合った講座に参加することでレベルアップが可能です。特に復習の色合いが濃いセミナーについては、成績が振るわない生徒を強制的に受講させる場合もあります。
「土曜講座」で実践力を身につける
通常授業のない土曜日には、土曜講座を実施しています。この講座は、日常では実施しにくい、より専門的な講座を開講します。具体的には、これからの社会で必ず必要となる英会話を実践的に学ぶ英会話講座、大学入試対策としての小論文講座、大学の推薦・AO入試で必ず課される面接試験の対策のための面接試験対策講座を開講しています。
英会話講座ネイティブ・スピーカーを講師に招き、いわゆるオールイングリッシュでのコミュニケーション講座となります。日本人が一番苦手としている英語でのコミュニケーションを高校生のうちから学べるまたとないチャンスです。民間の英会話教室に通うよりも断然格安で受講できます。英語が苦手な生徒でも全く心配はいりません。
小論文講座小論文を書くための基礎から実践的な内容に至るまで、専門の講師が丁寧に指導しますので、入試等で望まれる小論文とは何かを学ぶことができます。業者の模擬試験を利用し実践的な力も養います。
面接試験対策講座9〜10月期の推薦・AO入試直前に、面接試験に対応できるような実践的な講座を開講しています。面接の基本的な態度やマナーの指導から個人面接練習まで、面接試験突破のコツを伝授します。
「全校語彙力小テスト」で学力の土台作り
毎週月曜日、全校生徒に対して語彙力小テストを実施しています。英語と国語のテキストから10問程度出題されます。学力の基礎となる語彙力を身につけると同時に、全校で一斉に取り組むことで生徒の向上心や競争心を喚起、学習に対するモチベーションを上昇させます。
「夏期集中講座」で飛躍的な学力アップ
夏期休業中に、主要5教科を中心とした夏期集中講座を実施しています。各教科、普段の授業ではできない難易度の高い受験対応の講座から、過去の授業の復習まで、時間をかけてじっくりと教えます。夏期集中講座を利用することで、学力が飛躍的に伸びる生徒も少なくありません。
「一般入試直前講座」で最後の追い込み
1月2月は、3年生を対象にセンター試験ならびに一般入試のために、最後の追い込みをかけます。「一般入試直前講座」は主要5教科で開講され、直前に迫った「本番」に向けて生徒も教員も必死になって受験勉強に取り組みます。一般入試に向かう生徒にとって心強い講座です。
成績不良者に課される「指名学習」
成績不良の生徒には、定期試験1週間前からの5日間、授業終了後から17時まで学校に残して指名学習を課しています。対象生徒のご家庭には、学校から事前通知をいたします。また、日常においても各教科から指名学習を命じられた生徒は、7限セミナーの時間に補習もしくは自習活動に参加しなければなりません。本校生徒にしっかり学力をつけて卒業してもらいたい、そんな願いをもって教育にあたっています。
「ICT学習」環境の構築
ベネッセとソフトバンクが立ち上げたICTサービス「Classi」による教材を提供しています。PCやスマートフォン、タブレットを利用して、生徒一人ひとりのレベルや苦手分野に対応した大学入試過去問題や模試対策問題に取り組むことができます。また約10,000本の解説動画サービスを利用することで、自宅でも受講可能な環境を整えています。